小冊子プレゼント

家づくり
必見バイブル

住まいづくりをお考えの方は必見です。
建物を見学された方でご希望の方にプレゼントさせていただきます。

当社代表(熊井戸美佐夫)が長年住宅建築業界に携わってきた中での体験談やよくある失敗談、ワンポイントアドバイスなどを小冊子にまとめました。皆様が住まいづくりをする際に何かお役立ていただければと思っております。
まずは一度お読みになってみてください。
建物を見学された方でご希望の方にプレゼントさせていただきます。

建物見学予約

★ご希望の方は、建物見学予約フォームの中の小冊子希望にチェックを入れてください。

25年先を見据えた家づくり
これから家づくりを進めていかれる方が一歩立ち止まって「今が良し」から「25年先も良し」にするためには何が大切なのか、どういうところにポイントをおくべきなのか、判断基準をどこにおいたらよいのか、を書き記したものです。こちらの冊子はモデルハウス来場者様限定プレゼントです

「目のつけどころ間違っていませんか?」
第1章 家づくりを考え始める「きっかけ」
第2章 家を取り巻く「変化」を一考する
第3章 「間取り」の重要性を認識
第4章 建物の「スペック(仕様)と素材」に関しての考え方
第5章 建物付帯物への考え方
第6章 25年先のわが城を「イメージ」する

小冊子を読んで頂いた皆様からのたくさんの生の声<読者アンケート>
★小冊子の中で参考になった項目は?

 第3章「間取り」の重要性を認識
 代表的な感想/
 ◎毎日の家事の中で、スムーズに動ける動線が最も大切なのがわかりました。
 ◎ベランダっていらない、衝撃的な発想ですが、その通りだと思いました。
 第4章 建物の「スペック(仕様)と素材」に関しての考え方
 第6章 25年先のわが城を「イメージ」する

★小冊子を読んで今まで知らなかったという項目は?
 第4章 建物の「スペック(仕様)と素材」に関しての考え方
 代表的な感想/
 ◎電気設備機器類はシンプルな機能商品が良いということ。
 ◎シンプル機能の方が壊れにくく、価格も安いならその方が絶対に良い。
 第3章 「間取り」の重要性を認識
 第5章 建物付帯物への考え方

★小冊子の中でわかりやすく納得した項目は?
 第2章 家を取り巻く「変化」を一考する
 代表的な感想/
 ◎いつかは夫婦二人になるということを改めて認識しました。
 ◎25年先を見て家を建てないといけないと感じました。
 第4章 建物の「スペック(仕様)と素材」に関しての考え方
 第3章 「間取り」の重要性を認識

★小冊子で、もっと詳しく知りたい!という項目は?
 第3章「間取り」の重要性を認識
 代表的な感想/
 ◎平屋が理想的に対し、2階建ての1階部分をどのように充実させるかの事例など。
 第4章 建物の「スペック(仕様)と素材」に関しての考え方(建物の諸経費について)
 第6章 25年先のわが城を「イメージ」する(住宅ローンについて)

★小冊子を読んであなたの家づくりの考え方に変化はありましたか?
 大きく変化があった/47% 少し変化があった/53% あまり変わらない/0%(変化の無い方はいらっしゃいませんでした!ビックリ!)

★小冊子を読んでの感想は?(主なご意見)
◆実際に家を建てる前に絶対に読んでおくべきだと思います。兄弟や知人にも勧めたいと思います。(高崎市Y様)
◆ベランダ無しや生活動線の考え方に共感しました。(前橋市O様)
◆家づくりの成功談だけではなく失敗談も包み隠さず書いてらっしゃるのでとても真実味があってわかりやすかったです。(甘楽町S様)
◆家族の将来を見据えた家づくりの大切さを学びました。夫婦で将来のライフスタイル・ライフプランを話す機会が出来て良かった。(玉村町T様)
◆この冊子が有料でも買いたくなるくらい。家づくり前から何十年後までとても価値のある情報でいっぱいでした。(高崎市M様)
◆家を建てて数年の人の成功談、失敗談は聞きますが、25年先を考えると目の付け所が変わってくるので参考になるところがありました。(富岡市K様)
◆夫と私で意見の違うところは見て聞いて読んで納得でした。参考にして取り入れたり考え直したりの良い機会になりました。とてもよかったです。(前橋市K様)
◆家に住む人のことをいろいろな面から(健康・金銭・ライフスタイルの変化)よく考えてくれていると感じました。(伊勢崎市W様)
◆さっと読んで、さっと知るべき内容が知れてとても有意義でした。わかっていることは「そうそう!」と思えたし、新しい内容については「ハッ!」とすることばかりでした。(安中市T様)
◆モデルルームに行ってもなかなか知り得ない家づくりについてのアドバイスが沢山書かれてあり参考になりました。ハウスメーカーに行くと工法やこだわりなど色々教えていただけるのですが、本当に最初に知りたいことはこういうことなんだよね!と思いました。(高崎市M様)
◆家をつくる人が、つくりたい人のことを第一に考えている。この本に出会うまでは、目のつけどころ間違っていました。25年先を見据えたいえづくりをしたいと思います。(高崎市Y様)

発行者:(株)コンクスハウジング 代表取締役 熊井戸美佐夫

建物見学予約