事例

住む方の
笑顔が嬉しい!

  1. HOME
  2. 「無垢材」と「フローリング」の違いって?

「無垢材」と「フローリング」の違いって?

こんにちは、コンクスハウジングです!

家の内装材の中でも、「」の素材は重要。性質やお手入れ方法、見た目の印象、肌触りなどは素材によって変わってきます。今回は一般的な床材として、無垢材と合板フローリングを比較してみます。

●無垢材

 <メリット>
・見た目の高級感がある
・木の香りが楽しめる
・木独特のぬくもりがあり、冬場でもヒヤッとしない
・調湿機能によりサラサラしている
・経年による風合いの変化を楽しめる

<デメリット>
・木の収縮作用により隙間ができたり膨張したりする可能性がある
・節や木目が目立つものもある
・経年によって色味が変わってくる
・汚れを吸いやすく傷ができやすいものもある
・施工に手間がかかる
・合板フローリングに比べて単価が高い

無垢材の長所は、何と言ってもその肌触りの良さ。夏も冬も裸足で歩きたくなるのが無垢材の特長です。同じ無垢材でも硬い木材のもののほうが高価で、傷も付きにくくなります。万が一傷がついても、削って修復することが可能です。
ただし、もともと木の習性である、膨張、収縮、反りや割れなどの変形が起きる可能性があります。そのため、施工は職人さんの腕が試される場面でもあります。また、節や木目が多くあると、部屋の印象が変わってくることもあります。

 

●合板フローリング

<メリット>
・変形が少ない物が多いので施工が楽
・コーディネートしやすく選びやすいラインナップ
・無垢材より安価な場合が多い
・メンテナンスが楽なものが多い
・傷がつきにくいものが多い

<デメリット>
・物によっては耐久年数が短い
・調湿性がないので湿気でベタつく

傷や水に強いコーティングがされているものもあるので、当社でも水回りや収納内はフローリングをおすすめしています。紫外線には弱く、一旦劣化し始めると一気にみすぼらしくなってしまうので、居室や廊下などには合板フローリングはおすすめしていません

長く使っていると違いが顕著になってくる、「無垢材」と「合板フローリング」の床。適材適所で、それぞれの特性を活かしながら上手に使っていきましょう。