事例

住む方の
笑顔が嬉しい!

  1. HOME
  2. 残暑を乗り切る!涼しい家づくりのコツ

残暑を乗り切る!涼しい家づくりのコツ

こんにちは、コンクスハウジングです!

今年は梅雨が短く、夏が長く感じられますね⋯⋯。そしてやはり、群馬の夏は暑い!これからも年々気温が上がるのかと思うと、危機感を感じます。
これから家づくりをする方には、できる限り夏に涼しく過ごせる家をつくっていただきたいと思います。今回は、当社の「涼しい家づくり」のコツをご紹介します。

■パッシブ換気でこもった熱を自然に排出

現在当社の家づくりのほとんどが、「パッシブ換気」を取り入れています。パッシブ換気とは、機械を使わずに自然エネルギーである温度差を利用して換気をする方法です。機械に頼らないため設備の寿命も長く、ほぼメンテナンスフリーで使い続けることができます。熱い空気は下から上へのぼる性質があるため、室内の熱気は換気塔から自然と排出できます。また、空気循環を促すために全ての部屋にランマ(通風・採光のための窓)を設置し、全館が快適な室温に保たれるように設計します。

 

■自然素材の内装材で除湿

無垢材の床や漆喰などの塗り壁を採用することで、室内の空気は大きく変わります。自然素材でつくられた内装材は呼吸をするので、夏は余分な湿度を吸収し、冬の乾燥時は湿度を排出してくれます。ビニールクロスや合板フローリングの家に比べて室内の空気がサラッとしていて、床がベタつきません。シックハウス症候群などのリスクもなくなるため、自然素材の内装材をおすすめしています。

 

■天井の高さを確保する

当社では平屋を施工させていただくことが多いのですが、天井の高い平屋は熱が室内に伝わりにくいので、室内の温度も上がりにくくなります。天井にシーリングファンなどを設置することによって、上にあがった熱い空気を撹拌し、冷房の風を室内全体に送ってくれるので、より快適な空間を保つことができます。

夏を涼しく過ごす家づくりのポイントはたくさんございます。そのおうちに合った対策をアドバイスさせていただくこともありますので、スタッフに質問してみてくださいね♪