事例

住む方の
笑顔が嬉しい!

  1. HOME
  2. 「リフォーム」と「リノベーション」の違いって?

「リフォーム」と「リノベーション」の違いって?

こんにちは、コンクスハウジングです!

リノベーション」という言葉が近年よく使われるようになりました。
当社でも、旧モデルハウスをリノベーションした「リノベステーション」がオープンし、これからさらにリノベーションの需要は高まると考えています。
リノベーションと似た用語として「リフォーム」という言葉がありますが、何がどう違うのでしょうか?
今回は「リフォーム」と「リノベーション」、それぞれの用語について解説いたします。

まず「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すこと。マンションやアパートの場合は、「原状回復」とも言われたりします。壊れている部分や汚れている部分、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。例えば、外装の塗り直し、キッチンの入れ替え、壁紙の張替えなどがリフォームに当たります。

一方、「リノベーション」は構造や間取りの変更などの大規模な工事を行い、住まいの性能を向上させたり、価値を高めたりすることを指します。きれいにしたり新しくしたりするだけでなく、プラスαで新たな機能や価値をつけることが「リノベーション」です。そのため、リノベーションでは空間をよりデザイン性の高いものにしたり、自分の好みやライフスタイルに合った間取り・内外装に変更したりすることが含まれます。例えば、仕切りの壁をなくして広々としたLDKにする、子どもが成長したので1部屋を分割して子ども部屋をつくるなどが、それに当たります。

リノベーションはライフスタイルや生活環境、家族構成に合わせて自由自在にアレンジできるという魅力から、近年非常に人気が高まっています。当社では新築だけでなく、現状の暮らしをより快適で健康にするためのリノベーションも承っております。当社の「リノベステーション」の見学も、随時予約受付中ですので、お気軽にご連絡・ご相談ください♪