熊井戸美佐夫の初めての家づくり講座

熊井戸美佐夫の初めての家づくり講座 第一回 子供の才能を伸ばす空間

コミュニケーション力を磨く場所は?

マイホームを考える人の大半は、「子どもができてアパートが手狭になった」「子ども部屋を用意してあげたい」など、“子ども”がキーワードになっているのではないでしょうか。でも、間違えてはいけないのは、子ども用に大きく快適な部屋をつくり、テレビなどの娯楽まで配置し、その空間にこもらせてしまうこと。子どもの社会性が失われることにつながります。
私が提案したいのは家の中に、「親子で会話ができる場所をしっかりとつくること」。それにはダイニングが適していると思います。園や小学校から子どもが帰ってきたとき、ママやパパが料理や家事をしながら、「今日は園(学校)で何があったの?」と会話しやすい場所がダイニングです。
小学生までは、ダイニングで勉強させることもおすすめ。時々、ママやパパが勉強を見てあげるのもいいですね。そのため、ダイニングの近くにランドセルや園児バッグを置ける収納空間をつくると良いでしょう。

2階ホールの勉強スペース

▲2階ホールの勉強スペース

立派な子ども部屋より小さなベッドルーム

注意したいのは「光」。ダイニングの照明は通常、食べ物が美味しく見える暖色系に設定されていますが、勉強するには蛍光色が適しています。今は光の種類を切り替えられる照明があるので、それを利用するといいですね。
小学生までは勉強はダイニングで、中学生以降は2階のホールにカウンターデスクを配置し、兄弟姉妹と一緒に勉強するスタイルが理想的だと思います。ホールですから、階下からの声も耳に入ってきます。でも、そうした環境の方が、一人で個室にこもって勉強するよりも断然、集中力が養われるのです。集中力が高い子どもは何事に対しても頑張りが効きます。
つまり、子どもの才能を伸ばしたいと考えたら、マイホームに立派な子ども部屋は不要ということ。子どものためには小さな寝室があれば良いのです。

ままここっと2017年春号

この記事は「子育て情報誌 ままここっと 2017年春号」にも掲載されています。
ままここっとの詳細はこちら


第二回 家事動線+家族動線

広いベランダって本当に必要?

家を建てるときは、ママやパパが家事をするのに効率良い動線をつくりたいものです。特に、脱衣・洗濯場~洗濯物干し場への動線は重要です。1階に脱衣・洗濯場があるのに、2階のベランダが洗濯物干し場という家をよく見かけます。洗濯し終えた重い衣類を持って、2階まで上がる作業は毎日だと負担が大きいですし、突然、雨が降れば急いで取り込まなくてはなりません。それよりも脱衣・洗濯場の隣りに、2畳プラスして室内干し場をつくる方が効率的です。
「新築の家には広いベランダを」と希望する方は多いのですが、洗濯物や布団を干す場所が他に確保できれば必要なくなります。ベランダは定期的にメンテナンスの費用がかかりますし、掃除も大変。メンテナンスを怠れば、雨漏りが起こることも!そんなリスクも考えて、ベランダの有無を検討してほしいですね。

洗濯、室内物干しスペース

▲収納まで備わった洗濯、室内物干しスペース

リビング続きのフリースペースは外せない!

家事動線だけでなく、家族動線という考え方も間取りづくりには大切です。そのために効果的なのはリビングの続きに、和室などの「フリースペース」をつくること。
子どもが幼いときは、親子で川の字に寝ることが多いので、そこを寝室にします。すると1階のフロアで1日の生活が送れるので、ママやパパの手間が半減します。その後もフリースペースは、子どもの遊び場、大人が寛ぐ場などに姿を変えながら大活躍します。 フリースペースで重要なのは、①リビングの続きに設置すること②引き戸をつけて開閉できるようにすること。リビングから離れた場所につくると、確実に物置き部屋になってしまうのでご注意を!
各部屋の扉ですが、基本的には引き戸が良いですね。全開や半開にキープできるので生活しやすいです。ドアにする場合は、どちらの方向に開く方が家族動線がスムーズになるか、を考えたいものです。

ままここっと2017年夏号

この記事は「子育て情報誌 ままここっと 2017年夏号」にも掲載されています。
ままここっとの詳細はこちら


お問い合わせ
お施主様ログイン
モデルハウス案内 見学予約希望はこちら ZEHへの取り組み 家づくり講座 小冊子プレゼント
スタッフブログ
Facebook FM群馬(86.3Hz) Site9-11